2007年06月11日

セブ島との出会い  【その2】

さて準備と言うことで、まずはダイビングショップへ行って
マスク、シュノーケル、フィンの軽機材を購入することにしました。

どうせなら水中カメラも買おうと思いダイビングショップにあった水中カメラも購入。
これでダイビングに関するものはOK!

あとはTシャツ、サンダル、お腹を壊した時のために正露丸、
もしかしたらの為に勝負パンツ(笑

足らないものは買ったからとりあえずカバンに詰めてみました。
短パン、Tシャツ、パンツ、水着、軽機材、ログブック、ダビングのライセンス
正露丸、歯磨きセット、バスタオル、パスポート、これで完璧のはず!

初めての一人で行く海外旅行、しかもフィリピン
いざ行くとなれば楽しみもあるが不安も出てきたので
今はインターネットという便利なものがあるから現地の情報収集をすることに

普通は現地の情報収集をしてから旅行先を決めるのであろうが
今回は値段につられてしまったので順番が逆になってしまった(笑 

「セブ島」で検索してみると結構な数がヒットした。
ダイビングショップのホームページも多くあり
日本人が経営しているショップもいくつかあることを知り、また
セブ島は「殿様ダイビング」スタイルでドリフトダイビングが主流ということがわかった。

そして何よりも近くの島に行ってのダイビングなど
ダイビングポイントも数多くあり特に海が素晴らしく
マンタ、サメなどの大物から・・・
カクレクマノミ(アニメのファイティングニモの主人公のモデル)
ウミウシ等のマクロ系まで
数多くの魚が見られると言うのを知り、期待に胸を膨らませ
凄くワクワクしていました。

殿様ダイビング=ダイビング機材の運搬、セッティングを
           スタッフが行い海に入るまで手伝ってくれること。

ドリフトダイビング=潮の流れにのって水中を移動する方法。


banner2.gifにほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

「ダイビングinセブ【Day&ナイト】 TOP」 




posted by 騎士ダイバー at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビングヒストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。